ゲーム好き管理人の赤鳥によるゲームブログ。
2日に1記事のペースで更新中。(状況により変動あり)
詳しくはブログの案内ページをご覧ください。



ようやく更新間隔が安定してきて我ながら安心してます、当コーナー。

第五回目は、前回と引き続きの曲。


mojimaru1506910690

(  ゚д゚ )ターターターニラターニラターニラッ…

( ゚д゚ )彡カモンッ



音楽ゲームBEMANIシリーズで収録されるBGM
「Sakura Luminance」(読み:サクラルミナンス)を紹介。
作曲者は前回と同じくRyu☆氏。

前回のReflectionにつづく"Sakuraシリーズ"の曲の1つ。
"桜"と"光"をテーマにシリーズの中で最もテンポの遅い楽曲。

が、相変わらずの声ネタ及びテンションの上がるハッピーメロディで、
個人的には前回のよりもノリやすく、気に入ってます♪

『REFLEC BEAT』シリーズで遊べます。
この曲がメインとなったアルバムも発売されているので、気になる方は是非。




Sakura Luminance
Ryu☆
エグジットチューンズ
2012-12-05


Sakura Luminance / Ryu☆
エグジットチューンズ
2015-04-01

10-2


こんばんは。
もしくはこんにちは、か、おはようございます。あかいとりです。

この時期になってくると、ジメっとした嫌な空気になり、
身の毛もよだつような虫が家に出てきやすい時期。

生憎いま私が住んでる場所が森に近い所にあり、
見たこともない生物とよく出くわすんです。こないだムカデを見た時はマジでビビった...



【FE無双-DLCの話】

先月28日に発売されたばかりのタイトル『ファイアーエムブレム無双』の
発売と同時に配信開始された追加DLC3種を全て収録した"まとめて追加パック"を購入してました。

このパックには、限定特典のルキナの花嫁コスチュームが付いてきます。


170928-1755-01

DLC含めて全部遊びたいと思います。


ゲームの方は順調に進めてまして、中々面白いです。
これならDLC買っても良いかなと思い買った次第でございます。

良いゲームですよコレ。

詳しい内容はこちら(電撃オンライン)



【アトリエ新作にフィリス参戦の話】

皆さんはアトリエシリーズって遊んでますか?
私はトトリのアトリエからずっと抜け目なく遊び続けてきてます。無論、前作のフィリスも。

...遊んだことないって人は、少しだけお付き合い下さい。


12月21日に発売されますシリーズ新作
『リディー&スールのアトリエ ~不思議な絵画の錬金術士~』に、
前作の主人公"フィリス"が参戦することが判明しました。


008

今回のフィリスは19歳。こちらはイラストモデル。
こう見るとまだ子供っぽい雰囲気を感じるが...。

007

こちらは3Dモデル。矢を武器にする?
何故か3Dだと大人っぽく見える気がするが、表情の問題かもね。


新作には、前々作の主人公"ソフィー"も今回登場するので、
実質主人公は全員勢ぞろいすることに。オールスター。

アトリエは毎回主人公が可愛くゆったりとしたRPGで、基本だれでも楽しめるゲームです。
今回新たにNintendoSwitchでも発売するそうなので、是非、手に取ってみてはいかがでしょう?

詳しくはこちら(4Gamer.net)



書いてて気づいたのが、
どちらもコーエーテクモゲームスのゲームであることに今更、気づいた。


...特に意味はないですけど。


ファイアーエムブレム無双
コーエーテクモゲームス
2017-09-28






投稿時、正しく動画が再生できていませんでした。誠に申し訳ございません。
現在は修正済みです。



すこーしだけど、盛り上がってきたコーナー ゲーム音楽紹介!

第四回目は...



mojimaru1506689068



カカカщ(゚д゚щ)カモーンヨー
ヽ( ・∀・)ノ フォー!!


音楽ゲームBEMANIシリーズで収録されるBGM
「Sakura Reflection」(読み:サクラリフレクション)を紹介。
作曲者はRyu☆氏。

氏が手がける、通称"Sakuraシリーズ"と呼ばれる楽曲の1つで、
お得意の声ネタ満載かつ拍子木を用いた和楽要素を加えた
非常にノリやすいハッピーハードコア。

聴けば誰もがテンション上がるはず!!!


初めて収録された作品は『REFLEC BEAT』の初代バージョン。
現在は『beatmaniaⅡDX』でも遊ぶことが出来ます。

テンション上げたい時は、ぜひこの曲をオススメ!!





ゲームミュージック
SMD itaku (music)
2012-02-29


ゲームの録画環境が上手くいかず、テンション落ち気味でした。管理人のあかいとりです。

2017年9月28日に発売された
『ファイアーエムブレム無双』を今回プレイしていきます。

今回は最初のプレイ記という事でゲーム紹介する事にしましょう。




このゲームは任天堂のファイアーエムブレムとコーエーテクモの無双がコラボしたタイトル。まぁそのまんまです。

ファイアーエムブレムシリーズの人気キャラが多数登場すると聞いて、買ってみました。



OPムービーがなかなかカッコいいです


今回、主人公はオリジナルキャラのリアンとシオンから選択。


右:リアン 左:シオン 
ふたりは姉弟で、国の王女・王子。


ゲーム開始時に難易度の設定をする。
今回筆者は、無双経験者であるのでハードを選択。

また本作独自の、"やられた仲間は復活しない"『クラシックスタイル』を選択。

このゲームスタイルの導入も、ファイアーエムブレムとのコラボならでは。



ちなみに"やられても復活できる"『カジュアルスタイル』も選択可能。

ただスタイルは一度選択すると変えられないので注意。


ゲーム面でいうと、さすがの爽快感!
世界観が違えど従来の無双と引けを取らない気持ちいいアクションが楽しめますな。




基本的な操作は簡単です。
まぁそこも無双の良さ、ですね。


やはり嬉しいのが、歴代シリーズ作のキャラクターを自由に動かせる事!!

マルスを自由に動かしたい!!

って思ってた人も多いのではないのでしょうか?



1番最初のステージで、歴代キャラが少しだけ操作できます。


さて...今回はこのへんで。

次回から本格的に攻略していきたいと思います!!

よろしく!!!


コーエーテクモゲームス
2017-09-28



mojimaru1503320031


"自称"好評のコーナー ゲーム音楽紹介!

第三回目は...


mojimaru1505729160


ニンテンドウ64ソフト『がんばれゴエモン でろでろ道中 オバケてんこ盛り』より、
「亀上的竜宮生活」の紹介です。


この曲はエリア2の城ステージで流れるBGM。「きじょうてきりゅうぐうせいかつ」 と読む
疾走感ある気持ちの良い曲でありながら城BGMらしい情熱のある熱いメロディが、
海の上にある城の雰囲気にぴったり。

名曲の多いゴエモンの城BGMの中でも特に人気が高く、
後に発売されたシリーズ作の中でアレンジされています。

この曲の構成は地上と水中の2パート構成。
水中は地上と異なってゆったりとした曲調であるが、よく聴くと地上と同フレーズなので
曲全体に統一感が出ています。






今日はいつものゲームの話題からは全く関与しない話。


今回から「たべもの紹介」という形で、
管理人が最近たべた"たべもの"を紹介する、という至って単純なミニコーナー。

ここで紹介する食べ物は全て、私が勝手に買っては食べて印象に残った物になります。

その中では、お店のメニューや創作料理、インスタントやお菓子・お惣菜など、
"たべもの"に関しては全て書いていきます。

あと、こういう記事書くと必ず言われそうなので、先にお伝えしておきますが、
決して"ステマ"とかお金もらってるとか、そういうのは何にもありません。

また、ここで紹介するものは「おいしい」とは限らない事もお伝えしておきます。
「まずい」ものは「まずい」と書かせていただきます。

まぁ実際おいしくなかったのは多分紹介しないと思いますけどw
あんまり散々に書いちゃうと色々問題になりかねませんから(^_^;)

あと、味は好みですので、あくまで管理人の一感想として受け止めてくださいね。


さて。では、さっそく始めます。
今回たべた物はこちら。

『シマダヤ』の「富士宮焼きそば」です。



個人的にお勧めしたい焼きそばの1つ。
普通に、スーパーで買えます。
続きを読む

mojimaru1503320031


"自称"好評のコーナー ゲーム音楽紹介!

第二回目は...


mojimaru1504336491


ニンテンドウ64ソフト『がんばれゴエモン でろでろ道中 オバケてんこ盛り』より、
「サンシロウ」の紹介です。


この曲は後半のダンジョン(お城)で流れるBGMで、
ステージを進めると同時に、曲調も盛り上がっていくニクイ演出があるんですよねぇ!

ゲームのテーマである「オバケ」をイメージした静かなメロディなのに、
敵の陣地に殴り込むという熱い展開に合わせたアップテンポなリズム。

素晴らしいの一言です。

ただこのゲーム、まだまだ名曲がホントにいっぱいあって
とてもじゃないけどこの曲だけで終わるのはあまりに勿体ないので、
次回以降も続けてご紹介していきたいと思います。





サントラが絶賛高騰中w
ゲームは比較的まだ中古なら買える価格ですので、
気になる方は是非、64本体をご用意ください。


mojimaru1494357939


前回からおよそ2か月ぶりのレビューです。皆さま、ホントに大変お待たせ致しました。
本日から少しずつレビュー箱。の方も頻度ペースを増やしていこうと思ってますので、
是非ともお付き合い下さい。

さて。2カ月ぶりにレビューする今回のタイトルは...

2017年3月16日にPS4とPSVITAにて発売された
『アクセル・ワールド VS ソードアート・オンライン 千年の黄昏』をレビュー。


mojimaru1504045812


発売元はバンダイナムコエンターテインメント。
開発は前作『ロスト・ソング』でも開発を手がけたアートディンクが担当。

ジャンルは"アクションRPG"。
同時に4人まで遊べるオンラインマルチプレイにも対応しています。


■どんなゲーム?


人気アニメ『ソードアート・オンライン(以下SAO)』と『アクセル・ワールド(以下AW)』がコラボし、
両作品のキャラクターたちが登場します。

この二作はどちらも原作者が同じ"川原礫"という方である事から今回のコラボが実現。

各作品のキャラを好きに選んで、広大なフィールドやダンジョンを探索し、
ストーリーの目的である「捕らわれたユイを救い出す」ことを目指します。


では、まずこのゲームの"イイ所"から!!


続きを読む

↑このページのトップヘ