※この記事にはゲームのネタバレを含んでおります。注意して下さい!!
またコメントにてゲームに対するネタバレ行為をするのはご遠慮ください。


「プレイ日記、最近ぜんぜんシリーズ長いやつ出来てないな...」
「二ノ国も雲隠れさせちゃったし、今更書くわけにもいかんけどRPGで書きたいなぁ」
「でも王道物のRPGは他の方が既に日記書いてるしなぁ...何かイロモノ系RPGないかな」

180415_00-1
という事で色々ブログの事を考えて考察した結果、購入しました
イロモノ系RPG『デスエンドリクエスト』

ネプテューヌなどで有名なコンパイルハートが出した完全オリジナルタイトル。
180805-2213-55
シナリオ製作にあの有名なグロゲー
「コープスパーティ」のシナリオを担当した祁答院慎さんが参加している。
そしてタイトルにある"デス"エンド...。
つまりはそういうゲームですので今後グロテスクな表現が幾つかあります。
苦手な方は注意してください。


180805-2213-12上述した通り開発は、良作とクソゲーのギリギリをいつも攻めてる
コンパイルハート。じつはこの会社のゲームを購入したのは、今回が初めて。

かわいい美少女が活躍するゲームばかり出してるイメージで、
今でもそのイメージは変わらず。
でも熱狂的なファンは私の周りに何人かいたし、
実際に遊んでみたいなぁと思うゲームは過去に何作かありました。(結局遊んでないけど)
header-1-696x474
こんな感じの女の子が出てくるゲームね。

その中でも特にコアなファンが多いシリーズとして
ガラパゴスRPGというシリーズがあり、デスエンドもそのシリーズの一つ。
180805-2212-50
メーカー自ら「日本の特定のお客様向け」と言っているRPGブランドで、
社長によると「10人いれば1人が手に取り、気に入ってくれるゲームを目指す」とのこと。
頭おかしい

でも私はこのデスエンドにかけられた、
誰も思いつかない奇抜なアイデアによって生まれたRPGこそ、
いま私がやるべきゲームなのではないか!?
と、謎の使命感によって購入したわけですね...。


180805-2214-58
こちらタイトル画面。
背景の絵は今回の舞台でしょうかね。

公式サイトに載っている、本作のあらすじによれば
デスエンドの世界は仮想世界でのオンラインRPGらしい。(某ソードアートですね)

とりあえず「NEW GAME」で開始。
180805-2216-07
180805-2216-18
何気ないフィールドを映した映像が流れだしました。

城やらどこかの洞窟っぽい場所ですが、
何やら怪しい英数字がワサワサと出てきました。

正直この時点では全く説明はないけど、
あらすじにある「仮想世界でのオンラインRPG」という設定で考えるならば
何かバグ的な不可解な出来事が起きてて、世界がおかしくなってるとかでしょうね。


180805-2216-49
すると突然、地面に倒れ苦しむ少女が映される。(見えそう)

パッと見る限りパッケージにうつってる女の子で「シイナ」と書かれているので、
この子が主人公の「二ノ宮しいな」なんでしょうね。
そして、どう見ても状況的にヤバめ。
180805-2217-18
倒れるシイナにどこからか語りかける少年の声が聞こえてきました。
名前は「水梨新」。「みずなし あらた」と呼ぶそうです。

よく分からないけど、強大な何かに襲われて今かなり危険な状況っぽい。
冒頭の語りも無くいきなりピンチになるとは、さすがガラパゴス。
180805-2217-33
完全に置いてけぼりですが、どうしようもないので
おとなしく展開を見届けることに。

「あれか?
RPGの定番である開始いきなりピンチからのチュートリアル戦闘かな?」

そう思う時期も私にはありました...。
180805-2218-06
でかっ!

思ってた以上に敵が大きくて驚き。
あかん、これじゃ私も勝てる気せえへんわ...

水梨
「シイナ!うしろだ、避けろ!!」

え?
そう思ったときは、時すでに遅し。


180805-2218-34
シイナは背後から現れたトゲのようなものに貫かれていました。
刺された場所から血が噴き出す。
180805-2218-52
ここまでで開始4分での出来事。
こんな始まり方するRPG、ほかにあって?

胴体を貫かれたシイナは、その場に崩れるように倒れる。
180805-2219-20
この時、画面上に
「辺り一面に鮮血を撒き散らし
背骨と臓器を露出させた少女は、ふらふらと、糸の切れた操り人形のように
二、三歩後退するとその場に崩れ落ち...」というメッセージ。
180805-2219-32
さすがに露出した映像は出てこないので、安心。
(つーかそんなん出してたら発禁レベル)
開始4分でこの展開とは、さすが外道院祁答院。
180805-2220-40
180805-2220-49
倒れるシイナを謎の怪物は、光の輪みたいな魔力で捕えます。

あー、これこの後エグイのくるわ。
このゲームなら容赦なくやるわ。
そう察しました。

普通のRPGだったら、この時点で
敵の攻撃が当たる直前で誰かが盾となって現れ、
「大丈夫か?」とカッコよく決めるシーンが流れてくる訳ですよ。

でも...皆さん。
もう一度、思い出して下さい。
180805-2221-01
このゲームはガラパゴスです。


180805-2221-16
Oh...

美少女だからって、容赦なし。
これぞ外道院こと祁答院ワールド。


語り
「黒き魔獣は、倒れ伏す少女に向けて巨大な口を開くと、」
180805-2221-31
ガブッとシイナの頭へ喰らいつく黒いヤツ。
そのまま、食らいついたまま、ぶらんぶらん。
ホント今さらですが、グロ注意です。

語り
「彼女の頭部に鋭い牙を突き立て、
空に向かって放り投げ—」
180805-2221-48

語り
「その体から、脊髄ごと首を引き抜いた。」
180805-2222-38
ここまでで開始からわずか7分。
こんなRPG、他にない。あってはならない。
180805-2222-53
こんなパンチラ嬉しくないですぜ...。

あくまでアニメタッチの絵だし肝心の部分はちゃんと伏せてますが、
のっけからプレイヤーに精神的ダメージをぶつけてきてて
苦手な人は本当に苦手なゲーム。

今後こういう場面がまだまだ出てきそうなので、
ホント今更だけど、苦手な人は見ない方が良いです。
平気な人だけ、付いてきてね。

Death end re;Quest - PS4
コンパイルハート
2018-04-12