※この記事にはゲームのネタバレを含んでおります。注意して下さい!!
またコメントにてゲームに対するネタバレ行為をするのはご遠慮ください。

稼働停止しているW.O.Dサーバへ新くんが通信するキッカケが判明しました。
そこから再び場面は仮想世界パートへ移ります。
180825-2207-34
王宮から脱出後に疲れて寝ていたシイナちゃん。
寝るまでの描写無かったけど、いつどこでどう寝たんだ。

???
「よッ」
180825-2208-11
おっ、可愛い。

随分カンタンな絵で描かれた、謎のくま。
ペルソナ4に出てくるクマ的なヤツかな?

シイナ「び びっくりした!え、あ…それって…」
???「ボクハ エニグマクン ダヨ(棒)」

シイナ「その声…もしかして、水梨さんですか!?」
180825-2208-38
かわいい顔している、27歳の男。なにをしてるんだこの人は。
(ちなみにこのクマはエニグマ社のマスコットキャラらしい)

シイナ「どうして急にアバターを用意したんですか?」

新「いつまでも声だけってのは、しゃべりにくいしな。ちゃんと見えた方が良いだろ?」
「それに、こいつは本来ルールを守らないプレイヤーを取り締まるために、
運営が使うGMアバターだ。」
「バグだらけになっちまった『ここ』の状況を調べながら、
修正していかなきゃならないからな。」

GMとは、恐らくゲームマスター(ゲームの管理人)のことを指していると思われます。
自社のマスコットキャラを使って、専用アバターから管理していた、という訳か。

新「とりあえず、一旦状況整理しよう。」
お前の名前は二ノ宮しいな。今は、自分で作ったゲームをプレイしている。
それは思い出したんだよな?」
シイナ「はい...」

新「で、『現実』にあるお前の体のことについてだが...」
シイナ「か...体って言わないで下さい!
なんか響きがやらしいです!水梨さんのエッチ!」

180825-2211-05
年頃の女の子に対して「体」とか言っちゃうのは、デリカシーナイ男だな。
おっぱいマウスパッド作ったりしてるしな。

新「現実のお前の頭には、『ホワイト・ラビット』が装着されてるはず」だ。
シイナ「ホワイト...ラビット?」
180825-2212-13
なんだ?
ウサギにでも変身すんのか?

えー、ここで水梨くんとシイナの会話で説明が入るわけですが、
全部書き入れちゃうと長くなりそうなので、ざっくりと書きます。

今、シイナの「現実の体」である二ノ宮しいなには、
『ホワイト・ラビット』というアリスコード専用のVRゴーグルを付けてられており、
これを付けた人は、まるで夢を見てるかのような感覚で、
ゲームの世界に意識ごと没入し、プレイする事ができるらしい。

そしてゲームを止める為には、一旦ログアウトをして、
現実の自分に意識をもどせば良いのですが、何故だがログアウトを選ぶ項目がメニューに出ません。
180825-2218-54
これも恐らくバグのせいです。だいたいの原因はバグのせいです。

しかし、ここでW.O.D特有の仕様である
『エンディング・ログアウト』のことを二人は思い出します。
180825-2219-45
どうやらこれは、エンディングを見終わると自動的にログアウトされる仕様の事らしい。
つまりゲームクリアをすれば、ログアウト出来る!!...というわけ。
オンラインゲーなのに勝手にログアウトするとか絶対叩かれそう。

そしてエンディングを迎えるゲームの最終目標地点。
それが...。

新「エンディングまで俺がサポートしてやるから安心しろ。目指すは—―」
シイナ「最果ての地、『天空都市オデュッセイア』!...ですよね?」
180825-2220-36
結果、本来の目的である天空都市を目指すことになりました。
こうして二人の冒険は、ようやく幕を開けました...。パート8までかかったぞ...。

???「あのう...」

突然、シイナの後ろから声をかけられました。
そこには...。


180825-2222-52
うわっ!
なんだこのエロい格好した女の子は!?
新くん考案の某マウスパッド化、待ったなし。



Death end re;Quest - PS4
コンパイルハート
2018-04-12