ddff
2018年1月11日に、PS4で発売された
『ディシディア ファイナルファンタジーNT』を一通りプレイしたのでレビュー。

公式サイトはこちら

どんなゲーム?

歴代のFFシリーズキャラが一堂に会し、3vs3で対戦するアクションゲーム。
2015年にアーケードゲームとして稼働開始し、本作はその移植といったところ。

移植版オリジナル要素として、FFキャラが活躍する「ストーリー」が追加されているほか、
アーケード版との連動・オンラインでの対戦などが楽しめる。



どれくらい遊べる?

本作は対戦アクションゲームなので、実質プレイ時間は人それぞれ。
ただ、ストーリーモードを一通りクリアする時点での時間だと、およそ10時間ほど。



どんな人にオススメ?

◇FFシリーズが好きで、かつ対戦ゲームが好き



276691
このゲームのイイところ!!

遊ぶほどに面白い、対戦の奥深さ
180902-0743-52
国民的人気RPGシリーズの1つである『ファイナルファンタジー』ですが、
本作はジャンルがガラリと変わって対戦アクションゲームとして誕生。

PSPで一度登場した『ディシディアFF』の続編、という立ち位置の本作は
1vs1のタイマン勝負だったPSP版と異なり3vs3のチーム戦。
またゲームの主体もPSP版のようなCPU戦ではなく、
オンライン主体の対人戦メインの内容に。

上記のバトル構成の変化も相まって、読み合いが非常に重要な作り。

3vs3なので一人だけでなく、周りの状況も把握しながら動く必要があるので、
PSP版と比べると、ゲームの敷居が全体的に上がった印象。

また本作はPSP版のようなカスタマイズ・RPG要素がほとんど無くなったため、
完全にアクション寄りのテクニックが必要になっています。
独特の操作感もあって最初は敗北しつづけると思います。自分がそうでしたので(;^ω^)

しかし遊ぶほどに自分の腕が上達していく実感があって、そういう意味での達成感はPSPより上。
まさに格闘ゲームを遊ぶかのように、「練習し強くなる」という感覚が味わえます!


シリーズの垣根を超えた夢の競演!グラフィックも超綺麗!
180902-0713-08
ジタンがティナを見守りながら戦ったり、
ノクトがウォーリア・オブ・ライトとセシルの二人にオドオドしながら付いていったり...。
『ディシディア』でしか見れない歴代FFキャラのかけ合いは、やっぱり見ていて面白い!

本作の開発を手がけたのは、コーエーテクモゲームスのTeamNINJA。
キャラモデルに定評のあるチームが担当しただけあって、
再現度は高く、映像も本家FFに負けず劣らずの美麗さ。

また本作には歴代FFのBGMが140曲以上収録されており、
それを自由に対戦中にかけることも出来るので、ファンにとってはたまりませんね!
180902-0759-50
BGMや歴代キャラの絵が描かれたアイコンなど、
コレクションアイテムを集める遊びがあります。



icon_119130_256
このゲームの微妙なところ

オフラインモードでの遊びが無くなった。
180902-0713-55
オンラインでの対人戦主体となった、ディシディアNT。

ストーリーモードはあるものの、
ムービー⇒バトル⇒ムービー⇒ムービー...といった流れで終わってしまい、
シナリオの完成度に定評のあるFFシリーズのストーリーとしては、あまりに味気なかったです。

ストーリーの内容も正直「よく分からない世界に勝手に飛ばされたけど、
なんか助けなきゃヤバそうだから、いっそのこと敵と共闘しちゃいましょう」みたいな展開で、
へぇー、ふーん...みたいな感じで終わっちゃった印象。

「FFといえばやっぱりストーリーだよね!」と期待して買うのは非常に危険。
あくまで「バトルを楽しむうえでのオマケ」感覚でプレイするほうがイイです。

ストーリー以外にはあとCPU戦を一定回数勝ち抜くモードがあるだけで、
あとはオンライン対戦しかなく、PSP版のような武器集め、コロシアムといった
オフラインのやり込み要素が丸ごと削除されてしまっていました。

オンラインは対人戦となりますので、慣れない内は敗北が続くと思います。
その練習のためにオフラインが...と思いますがモードが少ないため、その練習も難しい。

「負けながらも、対戦の駆け引きを楽しみたい!」と思う方はイイかもしれませんが、
「FFが好きだから、やってみようかな」と軽い気持ちで触るとヤケドします。要注意。
180902-0715-22
当然ながらネット環境がない人は本作は買わない方が良いです。



召喚獣戦の難易度高くね!?
180902-0717-00
ストーリーモードの途中で、召喚獣とバトルするシーンがあります。所謂「召喚獣戦」。
これの難易度が異様に難しかったです(^^;

いや、コレはプレイヤーの腕前によって変わってくると思うので一概には言い切れませんが..。

ただ、召喚獣戦ではターゲットロックされているせいで相手の攻撃がよく見えない事があり、
近接タイプの攻撃を決めようと近づくと、そのまま反撃くらう事がホント多い。
よって遠距離攻撃を得意とするキャラが有利になりやすく、バランスがヨロシクない。

敵から食らうダメージが非常に大きい為、きちんと対策していないと手も足も出ません。
なのにストーリーを進めるにはこの召喚獣戦突破が必須項目となっています。

物語の結末が気になる...けど、召喚獣が強すぎて進めない!という状況は普通にありえそう。
それほどに難しい。

せめて難易度変更が出来るようにしてほしかったかも。
2018011420271697-1024x576
初見クリアはかなり厳しいと思うなぁ。

まとめ

総合評価:★★★☆☆

FFシリーズが好きなだけなら手を出すな!

歴代のFFキャラがこれだけ集まってるのは本作ぐらいでしょうし、
本当に好きな人には、それだけで遊ぶ価値は生まれるかもしれません。

しかし本作は「FFシリーズが好き」というだけではなく、
「FF好きだけど、格闘ゲームも好き!!」という人じゃないと
おそらく完全には遊びきれないんじゃないかなぁ...。

ただでさえ複雑なバトルルールがチーム戦になった事で、より複雑だし...。

勿論、対戦の駆け引きはよく出来てあると思いますので、
オンラインメインでがっつり遊びたい!!という人は、遊んでみてもイイかも。