mojimaru1494357939

あいやー。気づいたら1週間もブログ更新を放置していた…。
どうも新作ゲームにハマると更新が疎かになってしまうな。ココは来年までには直したい。
来年までもう2週間くらいしかないけど。

今回レビューするのは、1985年に登場したシューティングゲーム
『グラディウス』をレビューします!
(管理人はPS4のアーケードアーカイブス版で今回プレイ)

mojimaru1513561144

今までと少し観点を変えて、レトロなゲームを取り上げたいと思います。
今後もこういうレトロゲーのレビューも続けたい。

どんなゲーム?

171218-0136-09

1985年にアーケードゲームとしてコナミより稼働した横スクロール型シューティングゲーム。
ステージごとに異なる仕掛けや自機の多彩なパワーアップシステム、当時完成度が高かったグラフィックとサウンド等が評判を得て、後にシリーズ化もしている。

今回はそんなグラディウスシリーズの第1作のアーケード版が遊べるPS4のアーケードアーカイブス版で紹介する。


どれくらい遊べる?
本作は全7ステージの無限ループ性。当時のゲームでよくある内容。
1週クリアの平均プレイ時間は20分~30分程度。(ミスを重ねたりすると変動あるかも)

無限ループなので腕前が上がればずっと遊べるが、周回を重ねる毎に難易度が上がっていく。


どんな人にオススメ?
■シューティングゲームを遊んだことがない人、上手い人も。
■ゲームにあまり時間かけたくない人




このゲームのイイ所

276691

分かりやすくて奥深いパワーアップシステム

特定の敵を倒すと出現するパワーアップカプセル(画像中央下にある赤いヤツ)を取ると、下のゲージが左から右へと移動していく。
このゲージ毎には自機がパワーアップする内容が組み込まれており、一度パワーアップすると再度ゲージの左端から取り直しとなる。

このシステムの面白いのが、好きなタイミングでパワーアップが出来る事。
普通この手のパワーアップは、アイテムを取ると勝手に強化されていくが、本作は二段階目のパワーアップをすっ飛ばして、その先の能力を発動する事が出来る。

さらにそれを利用し、逆にカプセルを取らないて縛りプレイをしたり出来る等、プレイヤー任意で色んな遊び方が出来るので中々奥深く、かつ分かりやすいので完成度高いですね。

171218-0133-47

シールド切れ対策に右端で温存したり、
状況に併せてダブルとレーザーを切り替えたり。



276691

ステージ毎に異なる仕掛けが面白い!

171218-0134-35

本作は上述したように、全7ステージ構成。
ステージごとに見た目や一部のボスが変わり、当時のシューティングゲームの中では特に珍しい。
これにより最後まで勢い収まることなく遊びやすい。

またモアイステージ触手ステージ等、後のシリーズネタの原点になるステージがこの時点で既に登場している。また1周するごとに敵が大幅強化されていく為、1周目の攻略の仕方を変える必要が出てくるなどやり込みが深い。

171218-0135-09

171218-0138-13

171218-0139-36

見た目だけでなく地形・敵・弾などが変わる。
モアイなどお馴染みのステージがこの時点で揃う。



このゲームの微妙な所

icon_119130_256

当時らしい高い難易度

元々が回転率を意識をしての造りだからか、本作は当時のゲームらしい高い難易度を誇る。
最初こそシステムが単純の為、パワーアップして進めるが1面から2面の難易度の上がり方は大きく慣れてない人だと2面でゲームオーバーになりやすい。

またシステム上、一度ミスするとステージの途中からパワーアップしてない状態からリトライされる為そのまま全ての残機を失いやすい。
なので、ほぼノーミスでプレイしつづけないといけない調整なのが、苦手な人には辛い。

171218-0139-55

当然ステージの難易度も進めれば上がっていく。
最終面の画像のシーンは本作の中でも鬼門。



総合評価

評価:★★★☆☆

シリーズ1作目にして既に完成したパワーアップシステムが組み込まれ、多くの人たちから高い評価を得てシューティングの金字塔とも呼ばれるようになった。
レトロらしい高い難易度で初心者殺し要素の多い作品ではあるが、遊びやすいシステムにより多くの人が挑んでいった。

現在、コナミが作る気ないのか新作の展開をしていないシリーズだがPS4やWiiU、New3DSなどでダウンロードして遊ぶことが出来るので気になる人や当時遊んでた人は、この機会にいかがでしょう。