180615-1310-06

だれがどう見ても「バンジョーとカズーイの大冒険」なゲームの、
『ユーカレイリー』というゲームをプレイしてみました!

今回は超序盤までしか取り上げてないので、ネタバレはほぼ無しです。

ユーカレイリーってなに?

180615-1313-24
この緑のがユーカで、紫がレイリー。
ちなみにカメレオンとコウモリのコンビであるとか。

『ユーカレイリー』とはPlaytonic Gamesから発売された箱庭型3Dアクションゲーム。

本作を開発したのが「スーパードンキーコング」や「バンジョーとカズーイの大冒険」などを製作した元レア社スタッフたち。

彼らの過去作の精神を引き継いで製作されたゲームなので、
どこかで見たことあるような雰囲気を感じさせるビジュアルになってます。


まずゲーム冒頭のキャラ同士の会話。
これがもう、誰がどう見てもバンジョーのアレ。

180615-1310-44
「うーうーうー」「あーあー」と意味不明な声を出しながら喋るキャラ達。
いかにも洋ゲーっぽい毒のあるセリフ。テキストの横で口パクするキャラ…。

ゲーム開始からもうバンジョー感丸出しで思わず笑ってしまった(笑)


歩くほどに広がるこの感じはまぎれもなく…!

もちろん"バンジョー感"はイベントだけではありませんでした。

180615-1315-21

本作は先述した通り、ジャンルは"箱庭型3Dアクションゲーム"。
広いマップを自由に探索して、目的のアイテム「ページ」を集めていきます。

「目的のアイテムを探しながら、マップを探索する」

…どこかで聞いたようなゲーム内容…。

そう!これもまた「バンジョーとカズーイの大冒険」にそっくり!!
もうくどい位にそっくり。

68366
ちなみにバンジョーでは「ジグソー」を集めてましたね。なつかしっ。

では「探索アクション」と聞いて気になるのがマップの広さですけども、
今回のユーカも過去作に負けず劣らずの広さっぷりでして…。

180615-1324-53

最初のステージ「トライバルスタック・トロピックス」から広大。
しかも今回驚きなのが、集めた「ページ」を使用してマップの探索範囲を広げられるんですよ!!

他にも各ステージに100以上配置されている「羽」を集めて新アクションを購入し、
新アクションを駆使して以前訪れたステージの仕掛けが解ける…なんて事も。

ゲームを進めていくことで徐々に広がっていく探索範囲の楽しさと、
ステージに隠されたアイテム集めの面白さは、当時の3Dゲームを思い出すようで楽しいです。

180615-1325-43
バンジョーにも似たような物があった「羽」。
今回はゲーム上の通貨みたいな立ち位置に。

180615-1315-05

180615-1332-23
水を潜ったり、崖や遺跡を登ってみたり。
探索のワクワク感を味わえます。


ポップ&ユニークな世界観

このスタッフ達が持つ、独特でユニークなデザインもセンスあって中々絵になる。

洋ゲーだけど日本人にも充分にウケる余地がありそう。
今作の愉快な雰囲気は、大人はもちろん子供にも楽しめそうです。

180615-1325-13
各ステージに5体ずついるゴーストライター。
ヘンテコでおもしろい。

180615-1321-40
今回の目的である「ページ」くん。
彼らも当然生きてます。

180615-1316-19
詐欺師?な赤い蛇。名前はトラウザー。
彼から新アクションを売ってもらいます。今ならお得なんだってさ。

しかも今回2人協力プレイができるので、家族とか友達とかとも楽しめそう。
(赤鳥はまだ協力プレイはしたことないです)


180615-1314-07

この記事を書いてる時点では1つ目のステージを一通り探索したぐらいですが、
今のところは「これだよ!!こういうのを待ってたー!!」って感じで、かなり楽しんでます。

所々にミニゲームが多く入っててやり込みも充分ありそうな手ごたえを感じるので、
しばらくはユーカたちと一緒に冒険してますわ…。