ゲーム好き管理人の赤鳥によるゲームブログ。

雑記・ゲームBGM紹介・レビューなどを行っています。
詳しくはブログの案内ページをご覧ください。

その他ゲームプレイ日記

単発日記(かもしれない)シリーズ
今回は『SNKヒロインズ Tag Team Frenzy』です。
180907-0803-57
KOFシリーズは一応、今までに3作プレイしてきてます('98と2001と14、の3つ)
ゲームの腕は初心者~中級者の間くらい、とイメージすると分かりやすいかと思います。

赤鳥が事前に調べた範囲では、このゲームについて知ってる事は
「KOFとかにでてるSNKの女性キャラが、イヤラシイ恰好で格闘するゲーム」って事くらい。
(イヤラシイ、ってところがポイント)

先日の雑記記事でも取り上げてたので、詳しい内容は割愛。

180907-0805-28
バトル画面はこんな感じ↑
もう少しグラフィックのレベルがんばってほしい

軽くストーリーモード1週とオンライン対戦をしてきました。

続きを読む

7月26日に発売されたばかりのソフト
『ロックマンX アニバーサリーコレクション』を遊んでみたので書きまぁす!!

FullSizeRender
画質わるいとか言わせぇよ?

みんな大好きロックマンXシリーズの全部がこれ1本で遊べるっつうのに、
これ買わないゲーマーとかいるんですかねww

...この辺にしとくか。このテンション。

えー、ちなみにPS4版もあるのですが私はSwitchで買いました。
これで、貴方はどこでもイレギュラーハンターになれます。

あとパッケージで買ったら、
中に"ボスの有効武器早見表"という便利アイテムが入ってました。

IMG_7418
一目でどの武器が効くのか分かっちゃう、公式チートアイテム。
ちなみに赤鳥はロックマンXはX2しか最後までキチンと遊んだ事がないので、
このアイテムは今回ガンガン使っていきます。使えるものは何でも使うのが吉。

180730-2241-06
ロックマン エッックス!!

当然ながら初代から始めていきます。
あと、移植度はかなりイイ感じ。スーファミのやつがそのまま遊べます。

180730-2241-46

180730-2242-20

180730-2248-09
懐かしき初代イレギュラーハンター。

目標としては1日1エックスクリアしていきたいと思ってて、今のところX、X2までクリア済み。
各タイトルの完成度は高いので、オススメです。
Switch持ってる人、PS4持ってる人はぜひ。



お寿司で遊ぶ、異例のアクションパズルゲーム
『超回転 寿司ストライカー』を今回からプレイ開始しました。

a4a4aa99-34b2-4c2b-a367-e047e90cad10
2018年6月 任天堂から発売。

3DSとNintendoSwitchで発売されたソフトで、赤鳥はSwitch版でプレイ。
発売前から「寿司で対戦するゲーム」という意味不明な設定に惹かれておりまして。

今回ようやくプレイまでこぎつけました。
まずはオープニングから...。

※この記事にはゲーム内のネタバレを含みますので注意して下さい!!


続きを読む

2018-06-15-132617

「夏だし、ホラーものやりたいな~」と思ってたら、
先日PSストアで開催されてたセールで半額だったので思わず買っちゃいました。
なお、本記事が投稿される時点では既にセールは終わってますのでご注意。

本作の公式サイトはこちらです↓
http://5pb.jp/games/kamaitachi/


あと先にお伝えしておきますと、赤鳥は原作を既に最後までプレイした身なので、
「原作を遊んでいる前提」として書かせて頂きますのでご了承ください。
(ネタバレについてはなるべく避けてます)続きを読む

180615-1310-06

だれがどう見ても「バンジョーとカズーイの大冒険」なゲームの、
『ユーカレイリー』というゲームをプレイしてみました!

今回は超序盤までしか取り上げてないので、ネタバレはほぼ無しです。

続きを読む

180419-0912-57

以前、こちらの記事でプレイ開始を報告したゲーム
『ソードアート・オンライン フェイタル・バレット』をプレイします。
続きを読む


ゲームの録画環境が上手くいかず、テンション落ち気味でした。管理人のあかいとりです。

2017年9月28日に発売された
『ファイアーエムブレム無双』を今回プレイしていきます。

今回は最初のプレイ記という事でゲーム紹介する事にしましょう。




このゲームは任天堂のファイアーエムブレムとコーエーテクモの無双がコラボしたタイトル。まぁそのまんまです。

ファイアーエムブレムシリーズの人気キャラが多数登場すると聞いて、買ってみました。



OPムービーがなかなかカッコいいです


今回、主人公はオリジナルキャラのリアンとシオンから選択。


右:リアン 左:シオン 
ふたりは姉弟で、国の王女・王子。


ゲーム開始時に難易度の設定をする。
今回筆者は、無双経験者であるのでハードを選択。

また本作独自の、"やられた仲間は復活しない"『クラシックスタイル』を選択。

このゲームスタイルの導入も、ファイアーエムブレムとのコラボならでは。



ちなみに"やられても復活できる"『カジュアルスタイル』も選択可能。

ただスタイルは一度選択すると変えられないので注意。


ゲーム面でいうと、さすがの爽快感!
世界観が違えど従来の無双と引けを取らない気持ちいいアクションが楽しめますな。




基本的な操作は簡単です。
まぁそこも無双の良さ、ですね。


やはり嬉しいのが、歴代シリーズ作のキャラクターを自由に動かせる事!!

マルスを自由に動かしたい!!

って思ってた人も多いのではないのでしょうか?



1番最初のステージで、歴代キャラが少しだけ操作できます。


さて...今回はこのへんで。

次回から本格的に攻略していきたいと思います!!

よろしく!!!


コーエーテクモゲームス
2017-09-28



こんにちは。あかいとりです。


ついに...

ついに買っちゃいました!!

PlayStation VR!!!


2017-07-29-17-17-43

箱が予想以上の大きさ。目立ちます。


どうしても欲しくなって近所の店舗に電話で聞きまくり、
30kmほど離れたヨドバシで、あと1台だけ残っていたお店を発見し即時向かいましたw

無事買えた時はホントに嬉しかったなぁ...。

ただ、購入日が丁度ドラクエ11の発売日と被っていた為、
他のお客が皆ドラクエを買っていく中に、一人だけPSVRを買いにきた人がいるという事で
店員さんがだいぶ「え?」って顔されてたのが印象的でした。


本体がこちら↓

2017-07-29-18-24-41


発売当時から宣伝とかで、結構写真とか見てきてたので
実物見たときはそんなに大して驚かったです。

箱の中にはVR本体のほかに、VRを出力する為のケーブルやら何やらが数多く同梱されていました。

最初見た時は「えっ...めんどいな」って思ったけど、
説明書が非常に丁寧で分かりやすかったので、スラスラ接続できました。

2017-08-13-11-44-23


2017-08-13-11-44-07

PS4本体とVRとテレビの間に接続する機器。
これとPSVRが連動して、映像出力するっぽい。(アホな説明ですんません)


本体は、実際に被ってみると意外に軽く、被り心地も悪くない。

頭を動かして遊ぶ為にキチンと固定させる必要がありますが、
本体後ろの部分にカチカチッと回して固定できるので、落下事故も気にする必要はなさそうです。

2017-08-13-11-43-27

歯車を右に回すと頭部分が締まり、落ちなくなる。
ガッチリ固定できますが締めすぎて頭を痛めないよう注意。


その他、PSVRで遊ぶ時はヘッドホンも必須。

無くても遊べなくはないですが、
PSVRは3Dサウンドに対応していて自分の見ている方角に応じて音の聞こえ方が変わる為、
コレがあるとないとじゃ天と地の差。

遊ぶ時はヘッドホンも用意しておきましょう。
(一応PSVRにはステレオイヤホンが付属しています。)

2017-08-13-11-43-38

PSVRの先っちょにある、この部分でイヤホンを挿しこんで使う。
またVR起動ボタン・マイク音量などもココで操作する。


さて。いよいよVR対応ソフトの感想です。

今回遊んだのは、
『PLAY ROOM VR』『サマーレッスン』の2本。

『PLAY ROOM VR』はPSストアから無料でダウンロードできるソフトで、
VR入門ソフトに相応しいタイトル。

170813-1143-48

170813-1145-07


ソフトには、4種類ほどミニゲームが収録。(もっとあるかも?)
1人で遊ぶゲームから、VRを付けてない人と一緒に遊べるゲームもあります。

VRつけて思ったのが、目の前に画面が広がってるのもそうですが
意外に解像度が低いからか、多少画面が荒く感じる時があるんですよ。

でもこのPLAY ROOM VRはソニー開発だからか、
VR対応ソフトの中ではかなり美麗な方で、今後のタイトルもこれ位キレイになってれば良いなぁ。


そしてもう一本の『サマーレッスン』
こちらはVR購入時、本体と同時にパッケージ版で購入。

一時期話題にもなったタイトルなので、もうすでに知ってる方もいると思いますが
女子高生"宮本ひかり”とのコミュニケーションをPSVRを通して体験するゲーム。

話題当時、とある感想で「目の前に迫ってきたときのドキドキ感、すげぇ!!」と聞いた時、
そんなに言うかぁ?と正直半信半疑でした。

......


170813-1151-22

170813-1149-41

170813-1153-06

ドキドキしました。


画像と文章じゃ絶対伝わらないこのもどかしさ...!
こうして画像で見ると、そんなに可愛いって程でも...って気もしなくもない。

でもPSVRを通すと、まさに世界が変わります。

今更だけど、PSVRって凄いね。



ちょっと駆け足気味でしたが、今回はここまで。

次回からは本格的に攻略記事とか、機会があれば投稿したいと思います。

PSVRの感想を一言でいうと...

まずは付けてみてくれ。それが答えだ。


それでは。また。

VITA版発売時から気になっていた『イースⅧ Lacrimosa of Dana』ですが、
タイミングが中々取れず結局今日まで遊べずに。

で、気づいたらもうPS4版発売日も決まり
しかもPS4版の体験版も配信開始されてしまったので
今回はその体験版を遊んでみました。


170401-0630-35

起動時画面。このビジュアルが綺麗で個人的に好き。


実際にはVITA版も少し触れたことはあって、
何となく内容は知ってます。

なので、具体的な比較はできませんが
簡単なアクションシーン等の比較とかは出来ます。

今回PS4版では処理能力の向上により、フレームレートが60fpsになり
かなりヌルヌル動きます。

しかもVITA版では不満点としてよく挙がったロード時間も大幅短縮。
長くても3~4秒程度。基本は1秒2秒で終わるので、ロードはほぼ皆無です。

これはかなり大きいですよね。
このおかけでストレスフリー。非常に快適になってます。


170401-0634-20

画像じゃ絶対伝わらないけど かなりヌルヌル動きます。
気になる方は実機で是非お試しあれ。


だが、あくまでVITAソフトのリマスター作品。
グラフィックはPS2 ~ PS3の中間程度。

近年発売されたPS4の大作と比べるとかなりしょぼい。

別にPS4版に合わせてグラフィックを強化していることはないので、
そこは期待しない方が良いかもです。


170401-0632-38

背景とかキャラのポリゴンはのっぺり感が凄い。
所詮はリマスター、という事で割り切るべし。


でも元々の完成度の高さといい、
処理能力・ロード時間など改善点も多いので
機会があればぜひこのPS4版を遊んでみたいと思います。


今日は ここまで。また明日!!


 

↑このページのトップヘ